月の地下に長さ50kmの穴があることがわかる

宇宙うちゅう研究けんきゅうをしている日本にっぽんのJAXAは2007ねんに、つき調しらべる人工衛星じんこうえいせいの「かぐや」をました。「かぐや」がレーダー使つかってあつめたデータ調しらべた結果けっかつき地下ちかにとてもおおきなあながあることがわかりました。

あなつき表面ひょうめんつながっていて、ながさは50kmぐらいあります。つき表面ひょうめんひるよる温度おんどが300℃もちがいますが、地下ちかはあまりわりません。宇宙うちゅうからってくる放射線ほうしゃせん地下ちかにはあまりとどないため、将来しょうらい地下ちか基地きちつくることができるかもしれません。

アメリカは今月こんげつつきにもう一度いちど宇宙飛行士うちゅうひこうしおく計画けいかく発表はっぴょうしました。日本にっぽんも2025ねんごろ、つき宇宙飛行士うちゅうひこうしおくりたいとかんがえています。

JAXAは「つきひときるのはむずかしいとかんがえていました。しかし、地下ちかあながあるとわかって、またつきひとくことができるかもしれないとおもいました」とはなしています。

単語たんご

地下

  • 地面じめんした地中ちちゅう
  • んだひと。あの
  • 秘密ひみつ場所ばしょ

  • くぼんだところ
  • こうまでつきぬけている部分ぶぶん
  • よわいところ。
  • そん不足ふそく

宇宙

  • 地球ちきゅう太陽たいようほしなどのある、てしなくひろ空間くうかんのこと。地球ちきゅう太陽たいよう中心ちゅうしんにして銀河系宇宙ぎんがけいうちゅうにあり、この銀河系宇宙ぎんがけいうちゅうのようなものがたくさんあつまって宇宙うちゅうつくっている。

人工衛星

  • ロケットでげ、地球ちきゅうまわりをまわるようにした、人間にんげんつくった衛星えいせい宇宙うちゅうのようすや気象きしょうなどを調しらべたり、通信つうしん放送ほうそうなどの電波でんぱ中継ちゅうけい役立やくだてたりする。

打ち上げる

  • いきおいよく)もの空中くうちゅうげる。
  • なみものりくはこげる。
  • 仕事しごとなどを)すっかりえる。

レーダー

  • 特別とくべつ電波でんぱによってとおところにあるもの位置いち方向ほうこうをさぐるかけ。電波探知機でんぱたんちき

データ

  • かんがえるもとになる材料ざいりょう事実じじつ
  • コンピューターで使つかえるように、数字すうじ記号きごうきかえられた資料しりょう

結果

  • あることがもとになってこったことがらやようす。

表面

  • もの外側そとがわおもて
  • うわべ。せかけ。

つながる

  • はなれているものがむすばれる。
  • 関係かんけいがある。むすびつく。

温度

  • あつさやつめたさの度合どあいを数字すうじあらわしたもの。

放射線

  • ウランやラジウムなどの放射性ほうしゃせい元素げんそがこわれて、ほかの元素げんそわるときにすもの。大量たいりょうびると有害ゆうがいである。

届く

  • おくったものく。
  • のばしたものが、つく。
  • きわたる。
  • ねがいなどがかなう。

基地

  • ものごとをおしすすめるときの、よりどころとする場所ばしょ

宇宙飛行士

  • 宇宙船うちゅうせん宇宙うちゅうステーションの乗組員のりくみいん

発表

  • おおくのひとひろらせること。

普通ふつうのニュース

つき地下ちか巨大きょだい空洞くうどう発見はっけん 月面げつめん基地きちとして活用かつよう可能性かのうせい