日光東照宮にっこうとうしょうぐう武士ぶし格好かっこうをした800にんある

2017年10月19日 11時30分 NewsWebEasy
仮名がな表示ひょうじ

ダウンロード

栃木県とちぎけん日光市にっこうしにある日光東照宮にっこうとうしょうぐうで17にち、「百物揃ひゃくものぞろい千人武者行列せんにんむしゃぎょうれつ」という行事ぎょうじがありました。毎年まいとしはるあきにあって、武士ぶしなどの格好かっこうをした800にんぐらいのひとが、1kmのみちをゆっくりあるきました。

江戸時代えどじだいに、徳川家康とくがわいえやすくなったあとほねいま静岡県しずおかけんから日光東照宮にっこうとうしょうぐうまではこんだときとおなじような格好かっこうをしています。

東京とうきょうから女性じょせいは「江戸時代えどじだいかんじるうつくしい行列ぎょうれつで、すばらしいとおもいました」とはなしていました。

武士

  • むかし武芸ぶげいにつけて、いくさでたたかったひと。さむらい。

格好・

  • 姿すがたかたち
  • ていさい。
  • ちょうどっているようす。

行事

  • まえもって時期じきめておこなわれる、もよおし。

江戸時代

  • 徳川家康とくがわいえやすが、1603ねん江戸えど幕府ばくふひらいてから、1867ねんにほろびるまでのやく260年間ねんかん鎖国さこくのために日本にっぽん独特どくとく文化ぶんかさかえた。「徳川時代とくがわじだい」ともいう。

  • 動物どうぶつからだなかにあって、からだささえているかたいもの。
  • もののしんにする細長ほそながたけ金属きんぞく
  • ものごとの中心ちゅうしん
  • へこたれないつよ性質せいしつ
  • 苦労くろうなこと。

感じる

  • たりいたりさわったりして、あるかんじをからだける。
  • こころおもう。
  • ふかこころにしみる。感動かんどうする。

行列

  • ひとなどが、順序じゅんじょよくならぶこと。じゅんならんだれつ