北海道ほっかいどう稚内市わっかないし 大沼おおぬま今年ことしもコハクチョウが

2017年10月13日 11時30分 NewsWebEasy
仮名がな表示ひょうじ

ダウンロード

コハクチョウという白鳥はくちょうはロシアのシベリアでたまごで、どもをそだてます。そして、さむくなるまえ日本にっぽんんできて、ふゆあいだ本州ほんしゅうにいます。ロシアから本州ほんしゅうかう途中とちゅう毎年まいとし北海道ほっかいどうのいちばんきたにある稚内市わっかないし大沼おおぬまというぬまでしばらくやすみます。

3日みっか大沼おおぬま今年ことし最初さいしょのコハクチョウがんできました。11にちには1500ぐらいのコハクチョウが大沼おおぬまやすんでいました。なつまれてまだ灰色はいいろがあるどものとりもいました。

大沼おおぬまでは7ねんまえとりからウイルスつかったため、ひととりさわることができないようにまわりにネットいています。大沼おおぬまひとたちは、おおきくはねひろげるコハクチョウをネットそとからて、写真しゃしんっていました。

コハクチョウは、もうすぐ本州ほんしゅうんでいきます。

白鳥

  • くびながく、はねしろ水鳥みずとりふゆ、シベリアから、日本にっぽんきた地方ちほうみずうみわんにわたってくる。

産む

  • あかんぼうやたまごを、母親ははおやからだからす。

本州

  • 日本列島にっぽんれっとうなかで、いちばんおおきいしま

  • しぜんに、りくのくぼみにみずがたまったところみずうみよりあさいが、どろがふかくて、モなどがえている。

  • とりやウサギをかぞえることば。

灰色

  • はいのようないろ。ねずみいろ。グレー。
  • 希望きぼうがないこと。
  • うたがわしいこと。

ウイルス

  • 日本脳炎にほんのうえんやインフルエンザなどの病気びょうきこす、ふつうの顕微鏡けんびきょうではえないような、非常ひじょうちいさな生物せいぶつ。ビールス。

ネット

  • あみ
  • テニス・バレーボール・バドミントン・卓球たっきゅうなどで、コートのなかにしきってあるあみ
  • 「ネットワーク」のりゃく
  • 「インターネット」のりゃく

  • とり昆虫こんちゅうなどのつばさ。
  • とりからだえている羽毛うもう
  • 飛行機ひこうきのつばさ。

広げる

  • ひろくする。
  • おおきくする。
  • ひらく。あける。
  • いっぱいにならべちらかす。