ダビンチの絵のオークション「100億円以上になりそう」

レオナルド・ダビンチは、「モナリザ」という有名ゆうめいをかいたイタリアの芸術家げいじゅつかです。

ダビンチのは、いま15まいぐらいのこっています。そのなかでキリストをかいた「サルバトール・ムンディ」というが、来月らいげつアメリカのオークションます。このでは、あおふくたキリストがみぎげて、ひだり水晶すいしょうっています。

ダビンチが1500ねんごろにかいたこのは、どこへったかわからないときもありました。そして1900ねんつかったが、2011ねんにダビンチがかいただとわかりました。いまは、などをあつめているヨーロッパひとがこのっています。

オークションおこな会社かいしゃは「とても大切たいせつで、こんな機会きかいはほとんどないとおもいます」とはなしています。オークション来月らいげつ15にちにニューヨークでおこな予定よていです。このは112おくえんぐらいになりそうだと注目ちゅうもくあつまっています。

単語たんご

競り売り

  • 競争きょうそう値段ねだんをつけさせ、いちばんたか値段ねだんをつけたひとに、その品物しなもの方法ほうほう競売きょうばい。オークション。せり。

芸術家

  • 芸術げいじゅつ仕事しごととしているひと音楽家おんがくか画家がかなど。

水晶

  • 石英せきえい六角形ろっかくけいはしらになっている鉱物こうぶつ。はんこやかざりものなどに使つかう。

ヨーロッパ

  • 世界せかい六大州ろくだいしゅうひとつ。アジアの北西ほくせい、アフリカのきたにある。産業さんぎょう文化ぶんか発達はったつしたくにおおい。

注目

  • 注意ちゅういしてよくること。

普通ふつうのニュース

ダビンチの「まぼろし絵画かいが競売きょうばいに 100億円おくえんちょう