東京とうきょう新宿しんじゅく夏目なつめ漱石そうせき記念きねんかんができる

2017年09月25日 11時30分 NewsWebEasy
仮名がな表示ひょうじ

ダウンロード

今年ことしは、作家さっか夏目なつめ漱石そうせきまれてから150ねんです。漱石そうせきまれた東京とうきょう新宿区しんじゅくく24日にじゅうよっか漱石そうせき記念きねんする「漱石そうせき山房さんぼう記念きねんかん」ができました。

記念きねんかんなかには、漱石そうせきとしをとってからんでいたいえむかしおなじようにつくった場所ばしょもあります。漱石そうせき部屋へやなかには、2000さつ以上いじょうほんちいさなつくえがあって、小説しょうせついている漱石そうせきえるようです。

記念きねんかんでは、漱石そうせきいた手紙てがみや、いえなかていた着物きものなどもることができます。そのほか、記念きねんかんなかにある喫茶店きっさてんで、漱石そうせききだったいちごのジャムなどをべることができます。

新宿区しんじゅくくは「漱石そうせき大切たいせつにしていたつくえ文房具ぶんぼうぐて、漱石そうせき小説しょうせついていたころをかんてほしいです」とはなしていました。

記念

  • おものこしておくこと。また、そのもの

  • いえ建物たてもの
  • おおきな建物たてものにつけることば。
  • 宿屋やどやなどの名前なまえにつけることば。

作家

  • 小説しょうせつげき童話どうわなどをひと

  • はたけやビニルハウスにつく作物さくもつはるしろはなき、じゅくすとあかくなってべられる。ストロベリー。

文房具

  • 勉強べんきょうしたり、ものをいたりするときに使つか用具ようぐかみ鉛筆えんぴつ・ノートなど。文具ぶんぐ

感じる

  • たりいたりさわったりして、あるかんじをからだける。
  • こころおもう。
  • ふかこころにしみる。感動かんどうする。