「おたふくかぜ」で耳が悪くなった人 2年で314人

「おたふくかぜ」はどもがなりやすい、ウイルスでうつる病気びょうきです。この病気びょうきになると、ねつたりみみしたたりします。日本にほん耳鼻じび咽喉科いんこうか学会がっかい去年きょねんとおととし、やく8000の病院びょういんなどでおたふくかぜになったひと調しらべました。

その結果けっか、314にん以上いじょうひとがおたふくかぜになってみみがよくこえなくなったことがわかりました。このなかの14にんは、両方りょうほうみみがよくこえなくなりました。よくこえなくなったひと半分はんぶんぐらいの49%は、10さいよりちいさいどもでした。

学会がっかいは、おたふくかぜでみみわるくなると、なおことがむずかしいので、どもはできるだけワクチン注射ちゅうしゃするようにっています。

日本にっぽんでは、おたふくかぜのワクチン自分じぶんでおかねはらわなければなりません。このため学会がっかいは、みんながワクチン注射ちゅうしゃできるようにくにがおかねしてほしいとっています。

単語たんご

ウイルス

  • 日本脳炎にほんのうえんやインフルエンザなどの病気びょうきこす、ふつうの顕微鏡けんびきょうではえないような、非常ひじょうちいさな生物せいぶつ。ビールス。

腫れる

  • けがや病気びょうきなどのために、皮膚ひふ一部いちぶがふくれがる。

  • ちかう。める。
  • ちぢめる。はぶく。簡単かんたんにする。
  • おおよそ。ほぼ。だいたい。

結果

  • あることがもとになってこったことがらやようす。

学会

  • 専門せんもん学問がくもんを、ふか研究けんきゅうするためにできている研究者けんきゅうしゃあつまり。また、その会合かいごう

治す

  • 病気びょうきやけがをよくする。

ワクチン

  • 感染症かんせんしょうのもとになるばいきんなどからつくったくすり。これを接種せっしゅして、その感染症かんせんしょうにかからないようにする。

普通ふつうのニュース

おたふくかぜで難聴なんちょう年間ねんかんで314にんのぼ