津波つなみから6ねんはん 宮城県みやぎけん南三陸町みなみさんりくちょう役場やくばあたらしい建物たてものができる

2017年09月05日 11時30分 NewsWebEasy
仮名がな表示ひょうじ

ダウンロード

宮城県みやぎけん南三陸町みなみさんりくちょうは、2011ねんがつ東日本大震災ひがしにほんだいしんさい津波つなみて、たくさんの建物たてものなどがながれました。南三陸町みなみさんりくちょう役場やくばこわれて、職員しょくいんなど43にんくなりました。

震災しんさいのあとまち職員しょくいんべつ建物たてもの仕事しごとをしていました。役場やくばあたらしい建物たてものがやっとできて、4日よっか仕事しごとはじまりました。

あたらしい建物たてものは、津波つなみながれないようにたか場所ばしょてました。3がいてで、震度しんど7の地震じしんでもこわれないようにしました。震災しんさいのとき電気でんきまって大変たいへんだったため、電気でんきつく機械きかいもあります。

まちひとは「まえ役場やくばかわちかくのひく場所ばしょにあったので津波つなみこわれてしまいました。ここはたか場所ばしょにある丈夫じょうぶ建物たてものなので避難ひなんしてくることもできて、安心あんしんです」とはなしていました。

津波

  • 地震じしんなどのために、おおきななみきゅう海岸かいがんにおしせてくること。

役場

  • まちむら仕事しごとをする役所やくしょ

流す

  • 液体えきたいなどがひくいほうへうごくようにする。
  • みずなどにうかべてうごかす。
  • よごれをあらとす。
  • うわさなどをひろめる。
  • 予定よていしていたことを、りやめる。
  • そのことをめない。

職員

  • 役所やくしょ学校がっこう団体だんたいなどにつとめているひと

震災

  • 地震じしんによる災害さいがい

震度

  • 地震じしんのときにかんじるゆれの度合どあい。計測地震計けいそくじしんけいによってはかられ、つぎの10段階だんかいけられている。

避難

  • あぶないにあわないように、にげること。