柔道じゅうどうあたらしい種目しゅもくの「団体だんたい」で日本にっぽんきんメダルを

2017年09月04日 15時45分 NewsWebEasy
仮名がな表示ひょうじ

ダウンロード

柔道じゅうどう世界選手権せかいせんしゅけんという大会たいかいがハンガリーであって、3日みっか、「団体だんたい」の試合しあいはじめてありました。

団体だんたい柔道じゅうどうあたらしい種目しゅもくです。男性だんせいにん女性じょせいにんが1つのチームになって、1人ひとりずつ試合しあいをします。2020ねん東京とうきょうオリンピック柔道じゅうどうでもおこなうことがまっています。

3日みっか団体だんたい決勝けっしょうでは、日本にっぽんとブラジルが試合しあいをしました。日本にっぽんは6にん選手せんしゅみんなが試合しあいって、きんメダルりました。

種目

  • 種類しゅるいによってけた名前なまえ

  • 黄色きいろいつやのある、値打ねうちのたか金属きんぞく。こがね。
  • こがねいろ
  • おかね。
  • 1)」のように、だいじな。りっぱな。
  • かなもの。
  • 将棋しょうぎのこまのひとつ。
  • 金曜日きんようび

メダル

  • 金属きんぞくいたに、文字もじなどをうきぼりにしたもの。記念品きねんひん賞品しょうひんなどにする。

大会

  • おおくのひとあつまるかい
  • ある組織そしき全員ぜんいんあつまるかい

チーム

  • 競技きょうぎ仕事しごとをするときの、くみ団体だんたい

オリンピック

  • 4年よねんごとにひらかれ、世界せかいじゅうの国々くにぐにから選手せんしゅ参加さんかする競技大会きょうぎたいかい古代こだいギリシャのオリンピアでひらかれた古代こだいオリンピックにならって、フランスのクーベルタンのちからで、1869ねんにギリシャのアテネでひらかれたのが、近代きんだいオリンピックのはじまり。五輪ごりん

決勝

  • 最後さいごけをめること。
  • だい一位いちいのものをめること。

選手

  • 競技きょうぎるためにえらばれたひと