日本にっぽん サッカーのワールドカップにることがまる

2017年09月01日 16時00分 NewsWebEasy
仮名がな表示ひょうじ

ダウンロード

来年らいねんロシアでおこなサッカーワールドカップに、アジアからチームめる予選よせん試合しあいが8がつ31にち埼玉さいたまスタジアムでありました。日本にっぽんはオーストラリアと試合しあいをしました。

前半ぜんはん41ぷんに、22さい浅野あさの拓磨たくま選手せんしゅひだりあしシュートをして、日本にっぽん最初さいしょに1てんりました。後半こうはん、オーストラリアがはげしく攻撃こうげきすることもありましたが、日本にっぽんはよくまもました。そして37ふんに、21さい井手口いでぐち陽介ようすけ選手せんしゅシュートをして、日本にっぽんがもう1てんりました。

日本にっぽんは2ー0でって、ワールドカップることがまりました。ワールドカップ予選よせん日本にっぽんがオーストラリアと試合しあいをしたのは8かいで、はじめてつことができました。日本にっぽんは1998ねんにフランスでおこなわれたワールドカップはじめててから、6かいつづけてます。

サッカー

  • 11にんずつの2チームが、使つかわずに、ボールを相手あいてのゴールにけりこんで得点とくてんをきそう競技きょうぎ。フットボール。

ワールドカップ

  • スポーツ競技きょうぎ世界選手権大会せかいせんしゅけんたいかい優勝者ゆうしょうしゃにあたえられるカップ。また、そのカップをあらそ大会たいかいW杯ダブリューはい

チーム

  • 競技きょうぎ仕事しごとをするときの、くみ団体だんたい

予選

  • まえもってえらぶこと。
  • 競技きょうぎで、本大会ほんたいかいひとやチームをめること。また、その試合しあい

前半

  • ものごとをふたつにけたうちの、まえ半分はんぶん。ぜんぱん。

選手

  • 競技きょうぎるためにえらばれたひと

シュート

  • 野球やきゅう・ソフトボールで、投手とうしゅげたボールが、打者だしゃのそばでがること。右投みぎなげなら、みぎがる。また、そのボール。
  • (サッカー・バスケットボールなどで)ゴールめがけて、ボールをけったり、げたりすること。

後半

  • あとの半分はんぶん

激しい

  • いきおいがつよい。
  • ものごとの程度ていどがきつい。

攻撃

  • 相手あいてめること。
  • ひと欠点けってんあやまりをめること。

守る

  • がいけないように、ふせぐ。
  • めたとおりにする。