原爆の被害を受けた人のために活動した谷口さんが亡くなる

download ダウンロード

原爆げんばく被害ひがいけたひとたちのための活動かつどうつづけてきた谷口たにぐち稜曄すみてるさんが、8がつ30にち、88さいくなりました。

長崎市ながさきし原爆げんばくとされたとき、谷口たにぐちさんは16さいでした。谷口たにぐちさんは原爆げんばくちたところから1.8kmのところにいて、背中せなかけるひどいやけどをしました。

それから10ねん谷口たにぐちさんは長崎ながさき原爆げんばく被害ひがいけたわかひとたちの団体だんたいつくりました。そして、2010ねんからは、原爆げんばく被害ひがいけたひとたちの団体だんたい日本被団協にほんひだんきょう」の代表だいひょうをしていました。

谷口たにぐちさんは2010ねんがつ国連こくれん会議かいぎ出席しゅっせきしました。谷口たにぐちさんはやけどをしたときの背中せなか写真しゃしんせて、核兵器かくへいきをなくしてほしいといました。

今年ことしがつ核兵器かくへいきつくったり使つかったりすることを禁止きんしする国際こくさい条約じょうやくはじめてできました。このとき谷口たにぐちさんは「とてもうれしいです。しかし、原爆げんばく被害ひがいけたひと1人ひとりもいなくなったとき、どんな世界せかいになるか心配しんぱいしています」とはなしていました。

単語たんご

原子爆弾

  • 原子核分裂げんしかくぶんれつによってこる、ものすごいちからたかねつ利用りようした爆弾ばくだん一度いちどおおくのひところす。原爆げんばく

被害

  • 損害そんがいけること。また、けたがい

活動

  • 元気げんきよくうごいたり、はたらいたりすること。

真っ赤

  • たいへんあかいようす。
  • まるっきり。

火傷

  • や、あついおなどにふれて、皮膚ひふがただれること。

  • うしろ。
  • のち。あと。

団体

  • 大勢おおぜいひとあつまり。
  • おな目的もくてきった人々ひとびとあつまり。

代表

  • おおくのひとわってなにかをすること。また、そのひと
  • 一部分いちぶぶん全体ぜんたい特色とくしょくあらわすこと。また、そのもの。

国際連合

  • 第二次世界大戦だいにじせかいたいせんわった1945ねん世界せかい平和へいわ安全あんぜんまもるためにつくられた仕組しくみ。本部ほんぶはアメリカのニューヨークにある。国連こくれんUNユーエヌ

核兵器

  • 核分裂かくぶんれつ核融合かくゆうごうによってるエネルギーを利用りようした兵器へいき原子爆弾げんしばくだんや、水素爆弾すいそばくだんなど。

禁止

  • してはいけないとめること。

条約

  • くにくにとのあいだめ、文章ぶんしょういた約束やくそく

普通ふつうのニュース

被爆者ひばくしゃ運動うんどう日本にっぽん被団協ひだんきょう谷口たにぐち稜曄すみてる死去しきょ