海の流れの力を利用して電気を作る実験に成功する

くにのNEDOとIHIという会社かいしゃは、鹿児島県かごしまけん口之島くちのしまちかくで、うみながちから利用りようして電気でんきつく実験じっけん14日じゅうよっかからおこないました。

口之島くちのしまうみには黒潮くろしおというなががあります。実験じっけんでは、うみなかふかさ20m〜50mのところいたおおきなタービン黒潮くろしおつよちからまわって、30kWまでの電気でんきつくることに成功せいこうしました。うみながちから電気でんきつくったのは世界せかいはじめてです。

ながれるちからつよ黒潮くろしお利用りようしたら、太陽たいようひかり利用りようするよりうまく電気でんきつくることができるとわれています。NEDOとIHIは、どのくらいおかねがかかるかなど調しらべて、2020ねんには電気でんきつくはじめたいとかんがえています。

IHIは「口之島くちのしまうみは、ながつよさや方向ほうこうがあまりわらないので、くわしく調しらべて電気でんきをたくさんつくりたいです」とはなしていました。

単語たんご

流れ

  • ながれるみずかわ
  • かわのように)えることなくうごいているもの。
  • うつわり。
  • 系統けいとう。つながり。血筋ちすじ
  • とりやめになること。

実験

  • 実際じっさいにためしてみること。

成功

  • ものごとがおもいどおりにうまくいくこと。
  • たか地位ちい財産ざいさんること。

黒潮

  • 日本列島にほんれっとう沿って、太平洋たいへいようみなみからきたながれる暖流だんりゅう海水かいすいはあいいろえる。日本海流にほんかいりゅう

タービン

  • みず蒸気じょうきちから羽根車はねぐるま回転かいてんさせ、動力どうりょく機械きかい

キロワット

  • 電力でんりょくのはたらきをあらわ単位たんいひとつ。1キロワットは、1000ワット。記号きごうは「kW」。

流れる

  • 液体えきたいなどが、ひくいほうへうごく。
  • ときがたつ。
  • うかんでく。
  • ひろがってく。
  • とりやめになる。

太陽

  • 太陽系たいようけい中心ちゅうしんたかねつひかりしているほし地球ちきゅうねつひかりをあたえ、生物せいぶつそだてる。おさま。

方向

  • き。方角ほうがく
  • 目当めあて。方針ほうしん

詳しい

  • こまかい。
  • こまかいことまでよくっている。

普通ふつうのニュース

海流かいりゅう発電はつでん実証じっしょう実験じっけん 発電はつでん成功せいこう 鹿児島かごしま トカラ列島れっとうおき