京都 300年以上前から続く「五山送り火」

京都きょうとで16にちよる、300ねん以上いじょうまえからつづ行事ぎょうじの「五山ござんおく」がありました。まちまわりの5つのやまおおきななどをつくります。

午後ごご大文字山だいもんじやまで「だい」のかたちならべたいたをつけました。くらやまに「だい」のあかるくはっきりえました。そのあと、ほかのやまでも「みょう」のふねかたちなどができました。

大勢おおぜいひとがビルの屋上おくじょうなどから、やまでかいたようなかたちたのしみました。大阪おおさかから男性だんせいは「これからもずっとこの行事ぎょうじつづけてほしいですね」とはなしていました。

単語たんご

行事

  • まえもって時期じきめておこなわれる、もよおし。

  • 材木ざいもくを、うすくたいらにったもの。また、そのようなかたちのもの。

普通ふつうのニュース

ぼん伝統行事でんとうぎょうじ京都きょうと五山ござんおく