日本の食料自給率が下がる 2016年度は38%

農林水産省のうりんすいさんしょう毎年まいとし日本にっぽんひとたちがべているものなかに、日本にっぽんつくったものがどのくらいあるかを計算けいさんした「食料自給率しょくりょうじきゅうりつ」を発表はっぴょうしています。

今年ことし発表はっぴょうによると、2016年度ねんど日本にっぽん食料自給率しょくりょうじきゅうりつは38%でした。2010年度ねんど〜2015年度ねんどはずっと39%でした。農林水産省のうりんすいさんしょうは、2016ねん北海道ほっかいどうおおきな台風たいふう小麦こむぎなどの生産せいさんすくなかったりしたため、食料自給率しょくりょうじきゅうりつがったとかんがえています。

日本にっぽん食料自給率しょくりょうじきゅうりつがいちばんたかかったのは1960年度ねんどで79%でした。そのあとだんだんがって、いま世界せかい先進国せんしんこくなかでいちばんひくくなっています。

単語たんご

年度

  • 仕事しごとのつごうでめた一年いちねん期間きかん。ふつう4がつ1日ついたちはじまり、翌年よくねんの3がつ31にちわる。

計算

  • かずりょうかぞえること。
  • しきいて、こたえをすこと。
  • かんがえにれておくこと。

発表

  • おおくのひとひろらせること。

小麦

  • はたけつく作物さくもつを、しょうゆ・みそをつく原料げんりょうにしたり、小麦粉こむぎこにしたりする。

先進国

  • 経済けいざい技術ぎじゅつなどがさきすすんでいるくに

普通ふつうのニュース

昨年度さくねんど食料しょくりょう自給率じきゅうりつ38% 6ねんぶり低下ていか 過去かこ番目ばんめひく