iPS細胞を使って血液製剤を作ることに成功する

手術しゅじゅつ血液けつえきめるときなどに使つかくすりの「血液製剤けつえきせいざい」は、健康けんこうひとからもらった血液けつえき血小板けっしょうばんからつくります。将来しょうらい血液けつえきをくれるひとすくなくなってりなくなることが心配しんぱいされています。

京都きょうとのメガカリオンという会社かいしゃは、からだのいろいろな部分ぶぶんになる「iPS細胞さいぼう」を京都大学きょうとだいがくからもらって、血小板けっしょうばんになる細胞さいぼうつく研究けんきゅうをしました。そして、くすり会社かいしゃなどと協力きょうりょくして、この細胞さいぼうをとてもたくさんつくって血小板けっしょうばんにして、血液製剤けつえきせいざいつくることに成功せいこうしました。この血液製剤けつえきせいざい使つかってみる試験しけん来年らいねんごろからはじめる予定よていです。

このあたらしいやりかた血液製剤けつえきせいざい十分じゅうぶんつくることができるようになるかもしれません。

単語たんご

成功

  • ものごとがおもいどおりにうまくいくこと。
  • たか地位ちい財産ざいさんること。

手術

  • 医者いしゃが、病気びょうききずのところを、ひらいたりったりして、治療ちりょうすること。

血液

健康

  • からだこころわるいところがなく、元気げんきなようす。
  • からだこころのぐあい。

血小板

  • 血液けつえき成分せいぶんひとつ。けがをしたときなどに、傷口きずぐちかたまらせる。

部分

  • 全体ぜんたいを、いくつかにけたもののひとつ。

細胞

  • 生物せいぶつからだてている、いちばんちいさい単位たんい

協力

  • ちからわせて、ものごとをおこなうこと。

普通ふつうのニュース

iPS細胞さいぼう使つかった血液けつえき製剤せいざい製法せいほう確立かくりつ 京都きょうと