岩手県いわてけんのおまつり「盛岡もりおかさんさおどり」がはじまる

2017年08月02日 16時35分 NewsWebEasy
仮名がな表示ひょうじ

ダウンロード

岩手県いわてけん盛岡市もりおかしで「盛岡もりおかさんさおどり」というおまつりが1日ついたちはじまりました。おまつりでは、きれいな浴衣ゆかたひとたちが、太鼓たいこふえおとわせおどりながらまちのなかあるきます。

女性じょせいは「はじめてましたが、わたしおどりたくなりました」とはなしていました。

盛岡もりおかさんさおどりは、300ねん以上いじょうまえかみさまのおかげでわるいことをしたおにがいなくなって、よろこんだひとたちがおどったことからはじまったとわれています。

まつりは4日よっかまでで、257のグループの3まん5000にんぐらいがおどります。

浴衣

  • もめんでつくった、ひとえの着物きもの湯上ゆあがりや、なつなどにる。

太鼓

  • 打楽器だがっきひとつ。金属きんぞくつくったどうかわり、ばちでらすもの。

  • 楽器がっきひとつ。たけ金属きんぞくなどのくだあなをあけ、いきをふきこんでらすもの。
  • 合図あいずのために、ふいておと道具どうぐ。ホイッスル。

合わせる

  • してひとつにする。いっしょにする。
  • おなじにする。そろえる。
  • おなじかどうかくらべる。

  • ひと知恵ちえではかんがえられない、ふしぎなちからつとしんじられているもの。

  • ひと姿すがたをして、つのやきばのある、想像上そうぞうじょう怪物かいぶつ
  • かくれんぼなどのあそびで、ひとをつかまえるやく
  • なさごころがないこと。
  • ものごとにこころちこんでいるひと
  • おおきい」「きびしい」などの意味いみあらわす。

グループ

  • 仲間なかま集団しゅうだん