災害さいがいのときにやくもの紹介しょうかいするイベント

2017年07月27日 16時50分 NewsWebEasy
仮名がな表示ひょうじ

ダウンロード

災害さいがいのときにやくもの紹介しょうかいするイベントが26にち東京とうきょう江東区こうとうくはじまりました。会場かいじょうでは140の会社かいしゃつくったあたらしいもの紹介しょうかいしています。

このうち、あめがたくさんったときに建物たてものなかみずはいらないようにするいたは、女性じょせいやお年寄としよはこびやすいようにかるプラスチックでできています。おもさはアルミニウムいた半分はんぶんぐらいで、9kgです。このいたは、ふかさ50cmまでのみずめることができます。

そのほか、いつもはみせぐち看板かんばんで、災害さいがいのときはけがをしたひとはこものもあります。

会場かいじょうひとは「最近さいきん、いろいろな場所ばしょ災害さいがいこっています。いままでとおなじやりかたでは十分じゅうぶんではないので、いいものをさがしたいです」とはなしています。

このイベントは28にちまでです。

災害

  • 台風たいふう地震じしん大水おおみずなどによる災難さいなん

イベント

  • 行事ぎょうじ。できごと。
  • 勝負しょうぶ試合しあい

  • 材木ざいもくを、うすくたいらにったもの。また、そのようなかたちのもの。

年寄り

  • としをとったひと老人ろうじん
  • 力士りきし引退いんたいして、日本にほん相撲すもう協会きょうかい役員やくいんになったひと

プラスチック

  • ねつ圧力あつりょくくわえて、自由じゆうかたちつくることができる物質ぶっしつとく合成樹脂ごうせいじゅしす。使つかみちひろい。

アルミニウム

  • 銀色ぎんいろの、かるくてさびにくい金属きんぞくまどわくや、食器しょっきなどに使つかわれる。さんよわい。アルミ。

看板

  • 人目ひとめにつくところに、みせ名前なまえ商品しょうひん名前なまえなどをいて、しておくもの。
  • せかけ。

起こる

  • はじまる。
  • しょうじる。きる。