人工衛星じんこうえいせいの「みちびき」を使つかって自動じどうはしるバスの実験じっけん

2017年07月21日 11時30分 NewsWebEasy
仮名がな表示ひょうじ

ダウンロード

「みちびき」は、スマートフォンやくるまなどに場所ばしょらせる人工衛星じんこうえいせいです。いまはアメリカの人工衛星じんこうえいせい使つかっていて、10mぐらい場所ばしょ間違まちがえることがあります。日本にっぽん来年らいねんはるまでに「みちびき」も一緒いっしょ使つかって、間違まちがを10cmよりちいさくしようと計画けいかくしています。

政府せいふは「みちびき」を使つかって、バスを自動じどうはしらせる実験じっけんを、今年ことし11がつから沖縄県おきなわけんおこなうことにしました。「みちびき」を使つかうと、値段ねだんたかくて性能せいのうがいいレーダーやカメラを使つかわなくても、バスを自動じどうはしらせることができるとかんがえています。

政府せいふは、2020ねん東京とうきょうおこなオリンピックパラリンピック会場かいじょうなどで、「みちびき」を使つかって自動じどうはしるバスを使つかいたいとっています。

人工衛星

  • ロケットでげ、地球ちきゅうまわりをまわるようにした、人間にんげんつくった衛星えいせい宇宙うちゅうのようすや気象きしょうなどを調しらべたり、通信つうしん放送ほうそうなどの電波でんぱ中継ちゅうけい役立やくだてたりする。

自動

  • 機械きかいなどが自分じぶんちからうごくこと。

実験

  • 実際じっさいにためしてみること。

間違い

  • まちがえてしまうこと。あやまり。
  • よくないできごと。事故じこ

政府

  • くに政治せいじおこなうところ。
  • 内閣ないかく

性能

  • 機械きかいなどの性質せいしつやはたらきぐあい。

レーダー

  • 特別とくべつ電波でんぱによってとおところにあるもの位置いち方向ほうこうをさぐるかけ。電波探知機でんぱたんちき

オリンピック

  • 4年よねんごとにひらかれ、世界せかいじゅうの国々くにぐにから選手せんしゅ参加さんかする競技大会きょうぎたいかい古代こだいギリシャのオリンピアでひらかれた古代こだいオリンピックにならって、フランスのクーベルタンのちからで、1896ねんにギリシャのアテネでひらかれたのが、近代きんだいオリンピックのはじまり。五輪ごりん

パラリンピック

  • 身体障害者しんたいしょうがいしゃ国際こくさいスポーツ大会たいかい四年よねん一度いちど、オリンピック開催地かいさいちおこなわれる。