手足口病の子どもがとても増えるかもしれない

手足口病てあしくちびょうは、あしくちなかなどにちいさなつぶのようなものができる病気びょうきです。ひどくなってのうなどに炎症えんしょうることもあります。5さい以下いかどもがなつにこの病気びょうきになることがおおくて、ウイルスでうつります。

国立感染症研究所こくりつかんせんしょうけんきゅうしょによると、7がつ9日ここのかまでの1週間しゅうかんに、やく3000の病院びょういんで1まん8151にんどもが手足口病てあしくちびょうだとわかりました。まえの1週間しゅうかんより7000にんぐらいえています。

手足口病てあしくちびょうになったひとは、2011ねんにとてもえました。国立感染症研究所こくりつかんせんしょうけんきゅうしょは、今年ことしは2011ねんおなじようにえるかもしれないとかんがえています。

国立感染症研究所こくりつかんせんしょうけんきゅうしょは「ちいさなどもがいるいえでは、せっけんでよくあらってください。保育園ほいくえんでは、みんなが使つかタオルやおもちゃなどは消毒しょうどくするようにしてください」とっています。

単語たんご

  • ちいさくてまるいもの。
  • あつまっているものの、ひとひとつのしつおおきさ。
  • ちいさくてまるいものをかぞえることば。

  • あたまなかにあって、かんがえたりからだうごかしたりするはたらきをつところ。
  • あたまのはたらき。
  • 中心ちゅうしんとなるひと

炎症

  • からだ一部いちぶねつをもってあかくはれたり、いたんだりすること。

ウイルス

  • 日本脳炎にほんのうえんやインフルエンザなどの病気びょうきこす、ふつうの顕微鏡けんびきょうではえないような、非常ひじょうちいさな生物せいぶつ。ビールス。

  • ちかう。める。
  • ちぢめる。はぶく。簡単かんたんにする。
  • おおよそ。ほぼ。だいたい。

保育所

  • おさなどもをあさから夕方ゆうがたまであずかって、世話せわをするところ。ほいくしょ。保育園ほいくえん

タオル

  • おもていとしてった、あつくてやわらかいもめんのぬの。また、それでつくったふき。

消毒

  • くすりや、ねつなどで、ばいきんをころすこと。

普通ふつうのニュース

手足口病てあしくちびょう 大流行だいりゅうこうのおそれ 手洗てあらいなど徹底てってい