んぼやはたけにイノシシがないようにオオカミの人形にんぎょう

2017年07月13日 11時30分 NewsWebEasy
仮名がな表示ひょうじ

ダウンロード

千葉県ちばけん木更津市きさらづしでは、やまからてきたイノシシなどがんぼこめはたけ野菜やさいなどをべることがえています。イノシシないようにするため、さわると電気でんきながれるさくなどを使つかっていますが、2016年度ねんどは2200まんえん被害ひがいがありました。

JA木更津市きさらづしは、被害ひがいがあったんぼに11にちからオオカミ人形にんぎょういてみることにしました。

この人形にんぎょうにはセンサーがあって、イノシシなどがちかくにると、あかひかります。イノシシこわがってげるように、オオカミごえなど18種類しゅるいおおきなおとします。北海道ほっかいどうでこの人形にんぎょう使つかったところでは、シカなどがあまりなくなりました。

JA木更津市きさらづしは「オオカミ人形にんぎょうイノシシすくなくなったら、もっとくつもりです」とっています。

田んぼ

  • みずって、イネをそだてるところ水田すいでん

  • 野菜やさい穀物こくもつなどをつく土地とち
  • 専門せんもん

  • 野山のやまにすみ、するどいきばをつけもの。ブタの祖先そせんといわれるが、性質せいしつはあらく一直線いっちょくせんはしるのがはやい。からだ黒茶色くろちゃいろのあらいにおおわれている。

  • ユーラシアやきたアメリカ大陸たいりく原野げんやにすむ動物どうぶつかたちいぬのシェパードにているが、性質せいしつがあらく、家畜かちくひとをおそうこともある。かつては日本にっぽんにもすんでいた。

流れる

  • 液体えきたいなどが、ひくいほうへうごく。
  • ときがたつ。
  • うかんでく。
  • ひろがってく。
  • とりやめになる。

  • たけなどをて、横木よこぎちつけてつくったかこい。

年度

  • 仕事しごとのつごうでめた1年いちねん期間きかん。ふつう4月しがつ1日ついたちはじまり、翌年よくねん3月31日さんがつさんじゅういちにちわる。

被害

  • 損害そんがいけること。また、けたがい

センサー

  • ひかりおと温度おんどなどに反応はんのうして、電気的でんきてき信号しんごうおく装置そうち

種類

  • 共通きょうつうするかたち性質せいしつによってけたもの。

鹿

  • 森林しんりん山野さんやにすむ、草食そうしょくのおとなしいけもの。あし細長ほそながく、おすえだのようなつのつ。世界各地せかいかくちにいる。