手足口病てあしくちびょうどもがおおくなっている 「よくあらって」

2017年07月10日 11時30分 NewsWebEasy
仮名がな表示ひょうじ

ダウンロード

手足口病てあしくちびょうあしくちなかなどにちいさいつぶのようなものができる病気びょうきです。ちいさなどもがこの病気びょうきになることがおおくて、ウイルスでうつります。病気びょうきがひどくなって、のうなどに炎症えんしょうることもあります。

国立感染症研究所こくりつかんせんしょうけんきゅうしょによると、やく3000の病院びょういんで6がつ25にちまでの1週間しゅうかん手足口病てあしくちびょうだとわかったどもは7613にんいました。去年きょねんおなじときの6ばいぐらいです。高知県こうちけん鳥取県とっとりけん香川県かがわけんなど、とく西日本にしにほんでこの病気びょうきおおくなっています。

専門家せんもんかは、手足口病てあしくちびょうになるひとがもっとえる心配しんぱいがあるため、をつけるようにっています。国立感染症研究所こくりつかんせんしょうけんきゅうしょは「ちいさなどもがいるいえでは、よくあらって、おなタオルやおもちゃをみんなで使つかわないようにしてください」とはなしています。

  • ちいさくてまるいもの。
  • あつまっているものの、ひとひとつのしつおおきさ。
  • ちいさくてまるいものをかぞえることば。

ウイルス

  • 日本脳炎にほんのうえんやインフルエンザなどの病気びょうきこす、ふつうの顕微鏡けんびきょうではえないような、非常ひじょうちいさな生物せいぶつ。ビールス。

  • あたまなかにあって、かんがえたりからだうごかしたりするはたらきをつところ。
  • あたまのはたらき。
  • 中心ちゅうしんとなるひと

炎症

  • からだ一部いちぶねつをもってあかくはれたり、いたんだりすること。

  • ちかう。める。
  • ちぢめる。はぶく。簡単かんたんにする。
  • おおよそ。ほぼ。だいたい。

タオル

  • おもていとしてった、あつくてやわらかいもめんのぬの。また、それでつくったふき。