29かいつづけて試合しあいっていた将棋しょうぎ藤井ふじいさんがける

2017年07月03日 17時05分 NewsWebEasy
仮名がな表示ひょうじ

ダウンロード

藤井聡太ふじいそうたさんは、去年きょねん10がつに14さい2かげつ将棋しょうぎプロになってから先月せんげつまで、試合しあいに1かいけないで29かいっていました。いままででいちばんおおつづけてった記録きろくをつくりました。

しかし2日ふつか、22さい佐々木勇気ささきゆうきさんと試合しあいをして、プロ試合しあいはじめてけました。

将棋しょうぎにはおおきな試合しあいが8つあって、優勝ゆうしょうしたひとは「竜王りゅうおう」「名人めいじん」などとばれるようになります。藤井ふじいさんは佐々木ささきさんにけたため、今年ことしの「竜王りゅうおう」をめる試合しあいにはることができなくなりました。しかし、まだ3つのおおきな試合しあい可能性かのうせいがあります。

おおきな試合しあいひとなかで、いままででいちばんわか年齢ねんれいは17さい10かげつで、28ねんまえ屋敷伸之やしきのぶゆきさんがつくった記録きろくです。14さい藤井ふじいさんが、これからいろいろな記録きろくをつくることができるかどうかたのしみにしているひとおおくなっています。

将棋

  • たてよこに10ぽんせんいたいたうえで、20まいずつのこまをうごかし、相手あいておうさきるゲーム。

プロ

  • 英語えいごの「プロフェッショナル」のりゃく職業しょくぎょうにすること。本職ほんしょく専門せんもん
  • 「プロダクション」のりゃく

記録

  • あとのためにきつけておくこと。また、きつけたもの。
  • 運動競技うんどうきょうぎなどの最高さいこう成績せいせき。レコード。

優勝

  • 競技きょうぎなどで、一位いちいつこと。

可能性

  • その状態じょうたいになりそうなようす。できそうなようす。

年齢

  • まれてからいままでのとしかず。とし。