胃と大腸のがんを40%見つけられなかった可能性 青森県

青森県あおもりけんは、がんくなったひと割合わりあいが12ねんつづけて日本にっぽんもっとたかくなりました。このためけんは、2011年度ねんどに10のまちむらがんがあるかどうかチェックする検査けんさけた2まん5000にん調査ちょうさをしました。

その結果けっか検査けんさ問題もんだいないとわれてから1ねん以内いないに、がんだとわれたひとが40%いました。大腸だいちょうがんは42.9%、子宮しきゅうぐちがんは28.6%、はいがんは16.7%、乳房ちぶさがんは14.3%でした。大腸だいちょうがん検査けんさでは、40%ぐらいをつけることができなかった可能性かのうせいがあります。

この調査ちょうさをした弘前ひろさき大学だいがく松坂まつざか方士まさしさんは「40%はおどろくほどたかいです。これが、がんくなるひとおお原因げんいんの1つかもしれません。もっといい検査けんさにしなければなりません」とはなしています。

国立こくりつがん研究けんきゅうセンターは「青森県あおもりけん以外いがいでも調査ちょうさをしたほうがいいとおもいます」とっています。

単語たんご

  • くちから食道しょくどうでつながっている消化器官しょうかきかんべたものをこなすところ。ぶくろ。

大腸

  • 消化器しょうかきひとつ。小腸しょうちょうつづき、肛門こうもんいた部分ぶぶん。おもに水分すいぶんるはたらきをする。

がん

  • 悪性あくせいのはれものができる病気びょうきからだなかにできたがん細胞さいぼうがどんどんえてからだがいをあたえる。

可能性

  • その状態じょうたいになりそうなようす。できそうなようす。

割合

  • ものものとの関係かんけいを、かずあらわしたもの。わりりつ歩合ぶあい
  • おもいのほか。比較的ひかくてき

年度

  • 仕事しごとのつごうでめた1年いちねん期間きかん。ふつう4月しがつ1日ついたちはじまり、翌年よくねん3月31日さんがつさんじゅういちにちわる。

検査

  • わるいところがないかを調しらべること。

調査

  • 事実じじつあきらかにするために、調しらべること。

結果

  • あることがもとになってこったことがらやようす。

子宮

  • おんなひとからだや、哺乳動物ほにゅうどうぶつめすにある器官きかんあかちゃんを宿やどそだてるところ。

  • むねひだりみぎにあって、いきったり、はいたりするはたらきをするところ。肺臓はいぞう

乳房

  • おんなひと哺乳動物ほにゅうどうぶつめすの、ちちすところ。にゅうぼう。

普通ふつうのニュース

がん・大腸だいちょうがん 検診けんしんで“4わり見落みおとされた可能性かのうせい青森県あおもりけん