東京オリンピックの記念のナンバープレート 5つの案を発表

2020ねん東京とうきょうオリンピックパラリンピックがあります。国土交通省こくどこうつうしょうは、記念きねんナンバープレートつくることにしています。27にちあつまった96のデザインから5つのあんえらんで発表はっぴょうしました。

このなかには、江戸時代えどじだいからある模様もよう使つかったデザインや、いろいろなスポーツをしている選手せんしゅデザインがあります。国土交通省こくどこうつうしょうはインターネットで意見いけんあつめて、7がつに5つのあんから1つをめて、10がつから使つかうことができるようにします。

このナンバープレート使つかいたいくるまやバス、タクシーなどは、1だい1000えん以上いじょう寄付きふすることが必要ひつようです。このおかねで、お年寄としよからだ障害しょうがいがあるひとのために、バスやタクシーなどを利用りようしやすくする計画けいかくです。

単語たんご

オリンピック

  • 4年よねんごとにひらかれ、世界せかいじゅうの国々くにぐにから選手せんしゅ参加さんかする競技大会きょうぎたいかい古代こだいギリシャのオリンピアでひらかれた古代こだいオリンピックにならって、フランスのクーベルタンのちからで、1896ねんにギリシャのアテネでひらかれたのが、近代きんだいオリンピックのはじまり。五輪ごりん

記念

  • おものこしておくこと。また、そのもの

ナンバープレート

  • 自動車じどうしゃ登録番号とうろくばんごういたいた

  • おもうこと。かんがえ。計画けいかく
  • 相談そうだんのことがら。

発表

  • おおくのひとひろらせること。

パラリンピック

  • 身体障害者しんたいしょうがいしゃ国際こくさいスポーツ大会たいかい四年よねん一度いちど、オリンピック開催地かいさいちおこなわれる。

国土交通省

  • かわ道路どうろ建物たてものなどにかんする仕事しごとや、交通こうつう荷物にもつ運送うんそうなどにかんする仕事しごとをするくに役所やくしょ国交省こっこうしょう

デザイン

  • ものつくるときに、かたちいろなどを工夫くふうすること。
  • 図案ずあん意匠いしょう

江戸時代

  • 徳川家康とくがわいえやすが、1603ねん江戸えど幕府ばくふひらいてから、1867ねんにほろびるまでのやく260年間ねんかん鎖国さこくのために日本にっぽん独特どくとく文化ぶんかさかえた。「徳川時代とくがわじだい」ともいう。

模様

  • かざりにするかたち
  • ようす。ありさま。

選手

  • 競技きょうぎるためにえらばれたひと

寄付

  • (おおやけの仕事しごとや、神社じんじゃてら団体だんたいなどの仕事しごとたすけるために)おかね品物しなものすこと。

年寄り

  • としをとったひと老人ろうじん
  • 力士りきし引退いんたいして、日本にほん相撲すもう協会きょうかい役員やくいんになったひと

障害

  • なにかをするときに、じゃまになるものごと。さまたげ。
  • からだのはたらきに故障こしょうがあること。

普通ふつうのニュース

東京とうきょう五輪ごりん・パラ 自動車じどうしゃよう記念きねんナンバープレート5あん発表はっぴょう