「5人の肺からプルトニウムは見つからなかった」

茨城県いばらきけんにある日本原子力研究開発機構にほんげんしりょくけんきゅうかいはつきこう大洗研究開発おおあらいけんきゅうかいはつセンターで6日むいか仕事しごとをしていた5にんプルトニウムなどの放射性物質ほうしゃせいぶっしつがかかる事故じこがありました。原子力機構げんしりょくきこう8日ようか1人ひとりはいなかから2まん2000ベクレルのプルトニウムつかったといました。

しかし、千葉県ちばけんにある放射線医学総合研究所ほうしゃせんいがくそうごうけんきゅうしょが5にんはいを3かい〜4かい調しらべると、プルトニウムつかりませんでした。5にん入院にゅういんしていますが、健康けんこう問題もんだいていないと研究所けんきゅうしょっています。

原子力機構げんしりょくきこうは、最初さいしょ調しらべたときは5にんからだ十分じゅうぶんあらっていなかったため、皮膚ひふプルトニウムのこっていた可能性かのうせいがあるとっています。

単語たんご

  • むねひだりみぎにあって、いきったり、はいたりするはたらきをするところ。肺臓はいぞう

プルトニウム

  • 人間にんげんつくられた元素げんそひとつ。原子力げんしりょく燃料ねんりょうとなる。放射能ほうしゃのうっていて、有毒ゆうどく

健康

  • からだこころわるいところがなく、元気げんきなようす。
  • からだこころのぐあい。

研究所

  • ものごとを研究けんきゅうするところ研究けんきゅうをする施設しせつ

皮膚

  • ひと動物どうぶつからだつつんでいるかわはだ

可能性

  • その状態じょうたいになりそうなようす。できそうなようす。

普通ふつうのニュース

作業員さぎょういんばく事故じこにんはいからプルトニウム検出けんしゅつされず