佐川急便 荷物を届ける人が1週間に3日休めるようにする

宅配便たくはいびん会社かいしゃ最近さいきんくるま荷物にもつとどけるひとりなくなってこまっています。

佐川急便さがわきゅうびんは、会社かいしゃあたらしくはいひとが1週間しゅうかん3日みっかやすむことができるようにして、今年ことしがつから東京都とうきょうと山梨県やまなしけん社員しゃいんあつめています。

いまはたらいている社員しゃいんは1週間しゅうかん2日ふつかやすんでいます。1にちはたら時間じかんは8時間じかんです。3日みっかやす社員しゃいんは1にちに10時間じかんはたらくことになっています。会社かいしゃはいったときの給料きゅうりょうはどちらもだいたいおなじです。

会社かいしゃは、3日みっかやすはたらかたがいいというひとがたくさんあつまったら、いまはたらいているひともこのはたらかたえらぶことができるようにしたいとかんがえています。

ほかの宅配便たくはいびん会社かいしゃのヤマト運輸うんゆも、荷物にもつとどけるひとが1週間しゅうかん3日みっかやすむことができるようにしたいとかんがえています。

単語たんご

宅配便

  • 荷物にもつなどを、おくさきいえまでとどける仕組しくみ。

社員

  • その会社かいしゃつとめているひと会社員かいしゃいん

給料

  • やといぬしが、はたらいたひとにはらうおかね給与きゅうよ。サラリー。

普通ふつうのニュース

佐川急便さがわきゅうびん 運転手うんてんしゅ確保かくほ一部いちぶ地域ちいき週休しゅうきゅう日制かせい導入どうにゅう