インド 45℃以上の暑い日が続いて360人が亡くなる

インドとパキスタンでは、5がつわりごろから気温きおんが45℃以上いじょうになるつづいています。5がつ28にちにはパキスタンのトゥルバットというまちで53.5℃になりました。インドでも6がつ4日よっかに48℃になったまちがありました。

とてもあつつづいているため、熱中症ねっちゅうしょうなどでくなるひとおおくなっています。インドでは、そと工事こうじをしていたひとはたけ仕事しごとをしていたひとなど360にんくなりました。

インドの政府せいふは、あつはあと1週間しゅうかんぐらいつづくとかんがえていて、気温きおんがるひるそとないようにっています。

インドとパキスタンでは、おととしもとてもあつつづいて、全部ぜんぶで3000にん以上いじょうくなりました。

単語たんご

気温

  • 大気たいき空気くうき)の温度おんど

熱中症

  • なつあつさなどで、ねつ体内たいないにたまってこる病気びょうき。ひどい頭痛ずつうがしたり、うしなったりする。

工事

  • 建物たてもの道路どうろはしなどをつくったり、なおしたりすること。また、その仕事しごと

  • 野菜やさい穀物こくもつなどをつく土地とち
  • 専門せんもん

政府

  • くに政治せいじおこなうところ。
  • 内閣ないかく

普通ふつうのニュース

インド 連日れんじつ50えるあつさで360にん死亡しぼう