NASA「太陽たいよういままででいちばんちかくで調しらべる」

2017年06月02日 11時30分 NewsWebEasy
仮名がな表示ひょうじ

ダウンロード

NASAは、太陽たいよう調しらべる探査たんさを2018ねんなつごろげる計画けいかく発表はっぴょうしました。

計画けいかくによると、探査たんさは2018ねん11がつ〜2025ねんがつ全部ぜんぶで24かい太陽たいようちかくまできます。2024ねん12がつには、太陽たいよう表面ひょうめんから600まんkmぐらいのところまできます。いままでいちばんちかくまでったときでも太陽たいようから4400まんkmでした。探査たんさは1400℃ぐらいの温度おんどでもこわれないようにしてあります。

太陽たいようは、表面ひょうめん温度おんどが6000℃なのに、まわりのガスのコロナが100まん以上いじょうもある理由りゆうがまだわかっていません。NASAはコロナのちかくで調しらべて、この理由りゆうりたいとおもっています。そして、太陽たいようからて、人工衛星じんこうえいせい地球ちきゅう通信つうしんなどに問題もんだいこす太陽風たいようふう」についても調しらべることにしています。

NASA

  • 宇宙開発うちゅうかいはつのためにつくられた、アメリカ政府せいふ機関きかん。スペースシャトルの開発かいはつなどをする。

太陽

  • 太陽系たいようけい中心ちゅうしんたかねつひかりしているほし地球ちきゅうねつひかりをあたえ、生物せいぶつそだてる。おさま。

探査

  • さがして調しらべること。

  • かけ。仕組しくみ。
  • とき。きっかけ。
  • こころうごき。
  • はたらき。
  • だいじなてん
  • 飛行機ひこうき」のりゃく。また、飛行機ひこうきかぞえることば。

打ち上げる

  • いきおいよく)もの空中くうちゅうげる。
  • なみものりくはこげる。
  • 仕事しごとなどを)すっかりえる。

発表

  • おおくのひとひろらせること。

表面

  • もの外側そとがわおもて
  • うわべ。せかけ。

温度

  • あつさやつめたさの度合どあいを数字すうじあらわしたもの。

人工衛星

  • ロケットでげ、地球ちきゅうまわりをまわるようにした、人間にんげんつくった衛星えいせい宇宙うちゅうのようすや気象きしょうなどを調しらべたり、通信つうしん放送ほうそうなどの電波でんぱ中継ちゅうけい役立やくだてたりする。

地球

  • 太陽系たいようけい惑星わくせいひとつ。太陽たいようから三番さんばんめのほしで、わたしたちがんでいる天体てんたい自分じぶんまわりながら(自転じてん)、さらに太陽たいようまわりを三六五にちまわっている(公転こうてん)。

通信

  • 便たより。らせ。
  • 郵便ゆうびん電信でんしん電話でんわなどで、連絡れんらくうこと。

起こす

  • よこになっていたものを)たせる。
  • まさせる。
  • なにかを)はじめる。
  • しょうじさせる。
  • ほりかえす。