21世紀の終わりに日本の気温は4.5℃高くなる可能性

気象庁きしょうちょうは、21世紀せいきわりに日本にっぽん気温きおんなどがどうなるか、コンピューターで計算けいさんをしました。

この計算けいさんによると、いまのまま地球ちきゅう気温きおんがっていった場合ばあい、1ねん平均へいきん気温きおんは20世紀せいきわりより4.5℃たかくなる可能性かのうせいがあります。

北日本きたにほんで4.8℃~4.9℃、東日本ひがしにほんで4.3℃~4.5℃、西日本にしにほんで4.1℃、沖縄おきなわ奄美あまみで3.3℃たかくなりそうです。東京都とうきょうと中心ちゅうしん平均へいきん気温きおんは19.7℃で、いま鹿児島県かごしまけん屋久島やくしまおなじぐらいになる可能性かのうせいがあります。

気温きおんが35℃以上いじょうになるは1ねん20日はつか~50にちぐらいえそうです。1時間じかんに50mm以上いじょうあめ回数かいすう平均へいきんで2ばい以上いじょうえそうです。

気象庁きしょうちょうは「いまのままだと、熱中症ねっちゅうしょうになるひとおおくなったりつよあめがたくさんったりする可能性かのうせいたかくなります。どうしたらいいかかんがえていかなければなりません」とはなしています。

単語たんご

世紀

  • 100ねん単位たんいとしてかぞえる年代ねんだいかぞかた西暦せいれきねんから100ねんまでを1世紀いっせいきぶ。21世紀にじゅういっせいきは2001ねんから2100ねんまで。
  • 1世紀いっせいき1度いちどしかないようなもの。

気温

  • 大気たいき空気くうき)の温度おんど

可能性

  • その状態じょうたいになりそうなようす。できそうなようす。

計算

  • かずりょうかぞえること。
  • しきいて、こたえをすこと。
  • かんがえにれておくこと。

地球

  • 太陽系たいようけい惑星わくせいひとつ。太陽たいようから三番さんばんめのほしで、わたしたちがんでいる天体てんたい自分じぶんまわりながら(自転じてん)、さらに太陽たいようまわりを三六五にちまわっている(公転こうてん)。

平均

  • おおすくないやたかひくいなどがないように、ならすこと。
  • つりいがとれること。バランス。

中心

  • なか
  • ものごとのいちばんだいじなところ。

回数

  • ものごとが何回なんかいこったか、おこなわれたかというかず

熱中症

  • なつあつさなどで、ねつ体内たいないにたまってこる病気びょうき。ひどい頭痛ずつうがしたり、うしなったりする。

普通ふつうのニュース

温暖化おんだんか都心としん気温きおん今世紀こんせいきまつ屋久島やくしまみに 気象庁きしょうちょう