宇宙うちゅうごみをかたづける人工衛星じんこうえいせいげる計画けいかく

2017年05月05日 10時35分 NewsWebEasy
仮名がな表示ひょうじ

ダウンロード

宇宙うちゅうには、使つかわった人工衛星じんこうえいせい一部いちぶなどの「宇宙うちゅうごみ」がたくさんのこっていて問題もんだいになっています。

東京都とうきょうと墨田区すみだくにある「アストロスケール」というあたらしい会社かいしゃは、宇宙うちゅうごみをかたづけるための研究けんきゅうをしています。2019ねんには、磁石じしゃく使つかって宇宙うちゅうごみをあつめて、大気圏たいきけんはいったときにやすことができる人工衛星じんこうえいせいげる計画けいかくです。

これからあたらしく人工衛星じんこうえいせいげるときには、金属きんぞくいたてもらうことにします。そして、磁石じしゃく簡単かんたん宇宙うちゅうごみをあつめるビジネスをしたいとかんがえています。

川崎重工業かわさきじゅうこうぎょうなどおおきい会社かいしゃも、宇宙うちゅうごみをかたづける研究けんきゅうすすめる発表はっぴょうしています。

人工衛星

  • ロケットでげ、地球ちきゅうまわりをまわるようにした、人間にんげんつくった衛星えいせい宇宙うちゅうのようすや気象きしょうなどを調しらべたり、通信つうしん放送ほうそうなどの電波でんぱ中継ちゅうけい役立やくだてたりする。

打ち上げる

  • いきおいよく)もの空中くうちゅうげる。
  • なみものりくはこげる。
  • 仕事しごとなどを)すっかりえる。

宇宙

  • 地球ちきゅう太陽たいようほしなどのある、てしなくひろ空間くうかんのこと。地球ちきゅう太陽たいよう中心ちゅうしんにして銀河系宇宙ぎんがけいうちゅうにあり、この銀河系宇宙ぎんがけいうちゅうのようなものがたくさんあつまって宇宙うちゅうつくっている。

一部

  • 全体ぜんたいなかの、ある部分ぶぶん
  • 新聞しんぶん雑誌ざっしなどをかぞえるときの、ひとつ。

磁石

  • てつきつける性質せいしつもの。マグネット。
  • はりきから南北なんぼく方角ほうがく道具どうぐ。コンパス。

大気圏

  • 地球ちきゅうまわりの、大気たいきひろがり。

燃やす

  • をつけて、ほのおをさせる。す。
  • 気持きもちをたかぶらせる。

金属

  • ふつうは固体こたいで、ねつ電気でんきをよくつたえるもの。てつどうきんぎん・アルミニウムなど。

  • 材木ざいもくを、うすくたいらにったもの。また、そのようなかたちのもの。

付ける

  • ものが、はなれないようにする。
  • しるしをのこす。
  • きこむ。しるす。
  • くわえる。
  • そっとあとについてく。
  • ものごとをおさめる。
  • 注意ちゅういける。
  • 値段ねだんめる。
  • そばにきそわせる。
  • …しれている。

ビジネス

  • 仕事しごとつとめ。商売しょうばい

進める

  • まえのほうへす。
  • 程度ていどげる。
  • ものごとを、はかどらせる。
  • 時計とけいはりはやめる。

発表

  • おおくのひとひろらせること。