原子力発電所の事故から6年-村に戻って店をまた始める

福島県ふくしまけん飯舘村いいたてむらは6ねんまえ原子力げんしりょく発電所はつでんしょ事故じこむことができなくなりました。むらひとたちはべつまち生活せいかつをしていますが、先月せんげつくにもどってもいいとって飯館村いいたてむらむことができるようになりました。

高橋たかはし義治よしはるさんは飯館村いいたてむらで60ねんつづうどんみせをしていました。むらたあとべつみせをしていましたが、むらもどってまたみせはじめることにしました。

23にち午前ごぜん11みせくと、むらもど準備じゅんびをしているひとなどがました。みんなひさしぶりにむらべるうどんたのしみました。

飯館村いいたてむらではまだ食堂しょくどうなどのみせはじまっていなくて、高橋たかはしさんのみせ最初さいしょです。うどんべた女性じょせいは「まえわらないあじでとてもおいしいです。むら食堂しょくどうがあるのはうれしいです」とはなしていました。

単語たんご

原子力

  • 原子核げんしかくがこわれたり(核分裂かくぶんれつ)、とけあったり(核融合かくゆうごう)するときにる、ものすごくおおきなちからたかねつ原子げんしエネルギー。

発電所

  • 電気でんきこすところ

うどん

  • 小麦粉こむぎこを、みずでこねてうすくのばし、細長ほそながってゆでたもの

普通ふつうのニュース

避難ひなん指示しじ解除かいじょでうどんてん営業えいぎょう再開さいかい-福島ふくしま-飯舘村いいたてむら