14さい将棋しょうぎのプロが11かいつづけて試合しあい

2017年04月05日 16時10分

14歳の将棋のプロが11回続けて試合に勝つ
振り仮名表示 オフ オン

愛知県あいちけん中学校ちゅうがっこう年生ねんせい藤井ふじい聡太そうたさんは去年きょねん10がつ、14さい2かげつのときに、いままででいちばんわか将棋しょうぎプロになりました。将棋しょうぎ上手じょうずになると、初段しょだん二段にだん三段さんだんだんがります。四段よだんがるとプロになります。

藤井ふじいさんはプロになってはじめての試合しあいから10かいつづけてちました。

4日よっか藤井ふじいさんは七段しちだん小林こばやし裕士ひろしさんと試合しあいをしてちました。プロになってから10かいつづけてったひとはほかに2人ふたりいますが、11かいつづけてったひと藤井ふじいさんがはじめてです。

藤井ふじいさんは「もっと上手じょうずになるように、これからも頑張がんばります」とはなしていました。

単語たんご

将棋

  1. たてよこに10ぽんせんいたいたうえで、20まいずつのこまをうごかし、相手あいておうさきるゲーム。

プロ

  1. 英語えいごの「プロフェッショナル」のりゃく職業しょくぎょうにすること。本職ほんしょく専門せんもん
  2. 「プロダクション」のりゃく

  1. 区切くぎり。
  2. かいだん。
  3. やりかた
  4. 剣道けんどう将棋しょうぎなどの、腕前うでまえしめくらい